さくやべや。

ADMIN
« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  »
#414「強者との経験」2016.01.28
くぅー、やったりました!!



・・・あ、テンション高くてすみませんw


艦これと並行してハマってるゲームの、やりこみ要素をクリアしました!

ここ半年ほど「某テニスゲーム」と呼んで記事に書いている、
テニスの王子様の「最強チームを結成せよ!」というPS2のゲームです。
・・・10年以上前に発売されたゲームですがw


このゲームのやりこみ要素の一つとして「グラフィック」を集めるというのがあります。

集め方は、そのグラフィックが出る条件をクリアすること。
大半は技が決まった後の決めポーズで、とにかく試合中に出れば登録されます。

なので、私が操作したキャラが出しても、コンピューター操作の敵キャラが出しても登録されます。



全184種類。

長いこと183で止まっていたのが、ようやく埋まりました。
本当に出す条件が厳しく、ようやくといった感じ。


最期に残っていたのが「強者との経験」という切原赤也というキャラ固有の4連技のグラフィック。

「レーザービーム」→「妙技・鉄柱当て」→「ドライブB」→「臥龍」という4つの技を一気に繰り出し、
決めるのが条件。


このグラフィックを出すには、

  ・切原赤也のメンタルをSS(最高)になるまで育成する
  ・その切原赤也に「覚醒」というアビリティを覚えさせる(これが結構大変)
  ・切原の対戦相手に「ディフェンスO」という技を覚えさせる(操作がうまい人は不要?)
  ・その試合で切原の気力レベルを5まで引き上げさせる
   (ただし、ラリー中「強者との経験」以外の技が出ないように設定する)
  ・最初の「レーザービーム」を打たせるために球を浮かせる必要があるがスマッシュされないようにする
  ・球を浮かせた直後に「ディフェンスO」を発動させるのを忘れないようにする
  ・「ディフェンスO」によって無効化された球をサービスラインより前の位置へ返す
   (このときの返球が長いと別の「かまいたち」という技の発動コースになり、失敗)
  ・次の「妙技・鉄柱当て」も無効化されるので、またサービスラインより前の位置へ返す
   (このときの返球が長いと次のドライブBが出ないので、失敗)
  ・さらにその次の「ドライブB」も無効化されるので、次はロブ気味で返す
   (このときの返球が低いと、次のスマッシュ技でフィニッシュできないので失敗)
  ・このタイミングで「ディフェンスO」を再発動しないように気を付ける
   (再発動すると次の技も無効化されるので努力が水の泡)
  ・「臥龍」が無効化されることなく発動するはずなので、絶対に「羆落とし」とかで返さない
   (唯一この技を返球できるのが「羆落とし」。グラフィック目当ての時に発動するなんて馬鹿にもほどがある)
  ・やったね、グラフィックが出たよ!(吐血


・・・これらの条件がすべて整った時だけ出ます。笑

あ、「ディフェンスO」というのは、相手の技を3回まで無効化する技です。
ただ、無効化されるとは言っても普通に球として飛んでくる上に結構コースがえぐいので、
成功したときはコートの端から端まで走ってやっとでした。


切原の対戦者として選んだのは、もちろん操作に慣れてる仁王です。
技を打つ側と拾う側のどちらが人間操作がいいのか迷いましたが、人間が拾う形で成功しました。

でも今思うと、このグラフィック出しのパートナーには向かないキャラでしたw
切原に技制限かけてるのに、こいつが点取ると気力下がるから切原の気力レベルが上がらないこと上がらないこと。



とまぁ、こんだけ言葉並べても全然伝わらないと思うので、
最期に動画貼っておきます。




こちらの動画の15:20~16:36あたりが私がさきほど説明した部分で、
16:07に大写しになる絵が、私がようやく拾えたグラフィックです。

この動画主さんの何がすごいって、「ディフェンスO」なしで3連技返してるところです・・・!
いや、本当にすごいんだって! 3連技全部、結構返すの厳しいんです。



このゲーム、10年たった今やってもすごく面白いんです。

舞台が関東大会のままみたいだから、続編として全国大会編が出ることを今でも願っております。
でもゲームでの再現が難しいかもね・・・仁王とかどうするんだろ。


とまぁ、長くなりましたがこの辺でノシ
最強チーム | CM(0) | TB(0) | 

*COMMENT

*COMMENT POST

 管理人にのみ表示
 

*TRACKBACK


 » FC2blogユーザー
Photo by 朔弥 | Designed by *BUTTERFLY EFFECT